渡部俊子さん

サンタドリーム YOU|ママ


中央にグランドピアノを据え、音楽ライブ、カラオケ、コーヒーを楽しめるスナックを経営。合奏実績のない演奏家同士を結びつけ「新たな世界観を生み出す「ジョイントライブ」がマイ・ドリーム。



幼少期には本を読むのが好きだった。今でも時折図書館に行っては本を借りる。しかし本を愛しているあまりに、借りてきた本と同じ本を自分のものにしたい気持ちになり、本屋さんに注文してしまうことも。本を見つけられ娘に怒られること年数回。最近のおすすめは「桜木紫乃」。直木賞を受賞した「ホテルローヤル」を読んだのをきっかけに好きになった。今は忙しく、本を読む時間もなかなか作れないことが悩み。


1970年、夫・奨さんと帯広で結婚。7年後に奨さんの地元広尾町へ。更に2年後、奨さんの兄が所有するテナントで「YOU」の前身となるカフェ「ファミリー遊(ゆう)」をオープンする。しかし2人の娘の進学によって仕送りが必要となり、カフェの売上では事足りなくなってきた。新たな分野にも意欲が湧いていたこともありスナックに業態変更を図った。1988年「サンタドリームYOU」として再オープンした。



スナックになってからもコーヒーを置き続ける。女性1人でも夫婦でも「カフェに来るようにゆったりとした時間を楽しんで」という想いからだ。自身で時間をかけて集めたお気に入りのカウンター奥に並ぶカップにはそれぞれ個性があり、その日のお客様の顔を見てカップを選んでくれる。左写真のカップはこの記事のライターの顔を見て選んでくれた。モノトーンの内装にも意味がある。「に色はいらない。女性のお客様がYOUの『華』になる」と。


YOUでは年2、3回、音楽ライブが開かれる。YOU5周年にあたる年、札幌のジャズシンガー黒岩静枝によるYOU初のライブが開催された。黒岩さんは渡部さん夫婦が俊子さんの実家に帰省する際に足繁く通う「YOUのモデル」とも言えるライブバー「DayByDay」のオーナー。店の中央に置かれたグランドピアノがまさにそれだ。たくさんの招待客で満員となり、店の個性として確かな手応えを感じた。音楽好きな渡部さん夫婦にとって最高の店が出来上がった。


以降も様々な形態のライブを開催する。なかでも「ジョイントライブ」が印象深い。これまで合奏実績のない演奏家同士を結びつけ、新たな世界観を生み出そうとするのがYOUのジョイントライブだ。2年前に、町内のアマチュアピアニストとフルーティストがジョイントして以来、実現していない。今の目標はジョイントライブの復活。何よりも伝えたいし、そのために準備をしている。


YOUが繰り出す楽しさ満載のライブで歌い踊り、合間においしいコーヒーをいただこう。